まとめ買いから、まとめ買いしない派へ。消費期限と賞味期限の違い。




まとめ買いは、もうやめました。

 

シンプルライフを目指して、まず始めたのが

「まとめ買いをできるだけ控えること」でした。

 

なぜかというと…。

 

お得品を、2つ、3つと買い込んでも、

使い切るまで時間がかかってしまうこと。

 

dsc01118

 

そして、時間が経てばたつほど、

品質は落ちていきます。

 

消費期限と賞味期限のちがい

 

 

食品には、「消費期限」「賞味期限」2つの表示があります。

ですが、「しょうひきげん」と「しょうみきげん」…。

 

とても語感が似ていて、なんだが紛らわしいです。

 

でも、その違いを知っておくと、

これからも買い物の仕方が変わってくるかもしれません。

 

私が、いま、参考にしている冷蔵庫お片付け本、

冷蔵庫さえ片づければ、なにもかもうまくいく

を参考にしているのですが、

 

2つの大きな違いは、

「消費」は品質の劣化が速い。

「賞味」は品質の劣化が遅い。

 

消費者庁が公開している

食品商事に関するパンフレットによると、

 

「消費期限」とは

未開封の状態で、保存方法に表示されている方法に従い、

保存された場合に、品質が保持される期限を示す年月日のことをいうそうです。

 

これらは、お弁当、総菜など

品質の劣化が早い食品に表示されています。

 

「賞味期限」とは

未開封の状態で、保存方法に表示されている方法に従い、

保存された場合に、期待される全ての品質の保存が、

十分に可能であるとみとめられる期限を示す年月日のこと。

 

缶詰やスナック菓子など、

比較的長く保管される食品に表示されています。

 

お金は腐らないけれど、食べ物は腐っていく

 

 

 

 

お金は腐らないけれど、

食べ物は腐っていく。

 

だから、2つの「期限」の違いを知ることで、

いつものお買い物の仕方が、

少しずつ変わっていきます。

 

冷蔵庫さえ片づければ、なにもかもうまくいく
楽天ブックス

シンプルライフを軸に、だけどシンプルだけに囚われない暮らし:シンプル、つながる暮らし。