捨てても困らない真実




シンプルライフを目指して、家にあるものを集中処分。

 

スッキリしてきたのですが、意外とモノは多いのです。

 

シンプルライフを目指して,ストック,捨てる

 

溜め込んでも使いきれない

 

わたしは、「溜め込み型」の人間で、セール品やまとめ買いが得意。自慢にもならないのですが、溜め込み型の才能のおかげで、家にたくさんの在庫を抱えていました。

 

そして、在庫を使いきるのにエネルギーを使っていたのです。

 

まとめ買いをしていたのは、節約のため、お得にいい商品をゲットするため。

 

ですが、断捨離をすると、大量のストック品の数を見て、「なんだ、結局お金を使いすぎていたんじゃないか」と気がついたんですね。

 

もう使いきれないであろう食べ物、化粧品、日用品を捨てました。

 

 

捨てても困らない真実

 

そしてビックリ。

 

「捨てても困らない」

 

はい。捨ててもなにも困っていませんし、大変なことも起きていません(笑)

 

いままでは、せっかく買ったのに捨てるなんてもったいない。

 

こんど使う時が来るかもしれない。

 

「捨てられない言い訳」で押入れの中をいっぱいにしていました。

 

反対に、スッキリして空間が広々してきたことで、頭が混乱しないんですよ。

 

モノが多いと、生活に混乱を招くということもわかってきました。

 

 

ケチ精神

 

断捨離のバイブル本 ガラクタ捨てれば自分が見える が大好きで、もう数えきれないほど読んでいるのですが、不用品を溜め込んでいると、エネルギーの流れを滞らせてしまうということです。

 

引用

 

溜め込む性癖がある中でも特にガードの固い人は、払ったお金に見合う手元が取れたと思うまで、モノを手放そうとはしません。

 

たとえば、バーゲンや、ただ同然で手に入れた場合も同じです。

 

このような人は、その品が戸棚の中に半永久的にしまい込まれ、出番を延々と待ち続けていたのだとしても、最後の一滴分まで役に立たせないうちに処分するのは損だと考えているのです

 

モノは役立ってこそイキイキする

 

 

モノって腐らなし、いつまでも同じ場所にいます。

 

だけど、本に書いてある内容のとおり、モノは役に立たせてこそ、イキイキするんだということです。

 

捨てても困らない、ということも分かったことだし、これからは、モノをためこまないようにしながら、モノとじぶんがイキイキする買い物をしていきたい。

 

 

 

 

 

シンプルライフを軸に、だけどシンプルだけに囚われない暮らし:シンプル、つながる暮らし。