【閲覧注意】夏の間にビッシリついた洗濯槽のカビ取りをしました。




2ケ月に一度、定期的に 酸素系漂白剤  を使って

洗濯槽のカビ取りをしています。

 

ドラッグストアに売っている

塩素系漂白剤を何度か使ったことがあったのですが、

ツンとする臭い、目に染みるので、酸素系に切り替えたのです。

 

酸素系漂白剤は、

主に「過炭酸ナトリウム」が原材料なので、

強い発砲力とでこびりついた汚れをはがしてくれます。

 

 

 


やさしい 洗濯用 酸素系漂白剤 750g
楽天ショップ

 

 

塩素系漂白剤」は、
「次亜塩素酸ナトリウム」が主成分なので、

非常に強い殺菌作用があります。

 

 

夏の間に、ものすごいカビが発生。(^^;)

強烈にカビ臭くなってしまいました。

 

酸素系でカビ取りするポイント

 

・ できるだけ高温(お湯)でカビ取りすること

・ ケチらず一袋使うこと

 

わが家はお風呂の残り湯を、追い炊きで最高温度(48度)

まで沸かし、風呂水ホースを使って給水します。

 

酸素系漂白剤1袋入れ、お湯を入れると…

シュワシュワ―ーーっと音を立てて黒いワカメのような物体(カビ)

が浮き上がってきます。

 

原材料の過炭酸ナトリウムが、

強い発砲力とでこびりついた汚れをはがしてくれます。

 

洗濯槽,カビ取り,酸素系

 

 

やはり、高温でカビ取りしたほうが、

よく取れます。お湯の色が違いますね。

 

洗濯槽,カビ取り,酸素系

 

もう1つのブログでも、

洗濯槽のカビ取り記事をアップしましたが、

 

やはり、定期的に洗濯槽の掃除をすると、

洗濯物の洗い上がりがさっぱりして、気持ちがいいんです。

 

こちら→ 洗濯槽のカビは「酸素系漂白剤」を使ってゴッソリ、スッキリ

 

最近知ったのですが、

1~2か月に一度の頻度だと、

酸素系漂白剤で十分だそうです。

 

あと、今密かに思っているのは

1度、洗濯機クリーニングを業者にお願いしてみたいのです。

シンプルライフを軸に、だけどシンプルだけに囚われない暮らし:シンプル、つながる暮らし。