銅やかんのサビは「酢」と「塩」の2つで落ちる。




銅やかんのサビ落としをしました

銅のやかん,手入れ,サビ

わが家のやかんは銅製。

結婚するとき、夫の好みで買った銅製のヤカン。

銅やかんは、熱伝導の良い銅製なので、お湯が沸くのも早く、冷めにくいのです。

ステンレスのやかんで沸かすより、お湯がまろやかーになるのです。

ですが、3年位お手入れをサボり、こんなことになってしまい…すんごいことに。

久しぶりにサビ落としをしました。

 

サビ落としは家にある「あの食品」でおちる

 

それは…

「酢と塩」の2つの調味料で落ちるのです。

個人喫茶の店長さんから、すこしだけ教えていただいた方法なので、正しいお手入れかはわかりませんが、キレイに取れるんです。

銅のやかん,手入れ,サビ

酢と塩を混ぜて、キッチンペーパーに浸し、つけ置き。

30分くらい経ったら、ペーパーを取って洗い流します。

銅のやかん,手入れ,サビ

さいごに、 ウェノール という、金属磨きクリームで仕上げます。

ウェノールは、宝石店の店長さんに教えていただいた、おすすめのクリームなのです。

スプーンやフォークの銀食器だったり、車のお手入れにも使えるので、ツヤをだしたいとき家に一本あると、かなり便利です。

 

 

こまめなお手入れが大切だと気がつく

ピカピカになった銅やかんを見て、「ああ、もっとこまめにお手入れしないとな…」と反省したのです。

お手入れをしたあと、お湯を沸かしたら、「もう沸いたの?」とあっというまにブクブク音を立てながら熱湯に!

これで、また美味しいお茶が飲めます。

 

つかったのはこちら

広告





シンプルライフを軸に、だけどシンプルだけに囚われない暮らし:まねきブログ